原状回復工事費用削減についてお客様の声

Voice

お客様の声

原状回復工事費コンサルティングに関するお客様の声

退去の期限が迫っているで高いけど仕方ないのかな?

期限が迫っていても諦める必要はありません。しかしながら、動き出す時間が早ければ早い程、余裕のある交渉が可能です。通常、工事着手より、2ヶ月程度の余裕があることが望ましいです。

敷金を預けているのでオーナー様に交渉しにくい

しっかりと工事項目を精査し、適正な価格を提示することで、オーナー様にも納得いただけ、十分な敷金の返還が望めます。

オーナー様や指定工事業者と交渉してトラブルにならない?

弊社ではオーナー様や管理会社様等とトラブルになったケースはありません。それは、工事項目の内容や仕様を精査しているので、工事の質は下げてないからです。また、当社はオーナー様とのネットワークにより、スムーズな交渉が行えます。

工事費を抑えて新オフィスにこだわりたいな

当社は工事の減額交渉に加え、コストを抑えた新オフィスの入居工事も行っております。両方を同業社で行えれば、よりコストダウンに繋がり、より高いレベルの入居工事が可能です。

賃貸借契約書に貸主指定業者とあるので工事費が高くても仕方ないのかな?

諦める必要はありません。独占禁止法の観点からも市場価格と競争原理を導入し、必ず減額可能です。

指定工事会社を変更することはできないの?

交渉により変更可能な場合があります。その場合、当社でコストを抑えた原状回復工事行っております。

そもそも原状回復工事ってどうしてこんなに高いの?

工事項目の積算に無駄や不要な項目が多く、また指定工事業者が重層下請構造になっている場合が多く、コストが膨らむのが原因です。

見積の中は専門用語ばかりで必要なポイントが分からない

プロの集団として一つ一つの工事項目の精査を行います。ご要望があれば御見積の内容の詳細説明を致します。

今すぐ概算見積査定をご希望の方はこちら